アートギャラリーATARAYOにようこそ

可惜夜の作品は、いずれも「哲学」をベースとしています。哲学に馴染みのない方も、本などで知ってはいるもののどう向き合っていいのかいまいちわからない方も、誰かから学んだのちに今度は自分が先生として哲学を教える仕事をしている方も、気楽に楽しめる《フィロソフィカルアートワーク》をお届けいたします。

ご覧いただく前にちょっとだけ・・・死んでいるはずの作者の呟きにお付き合いください。

  

◆「哲学」のもつイメージは、裏切らない

「難しそう」「実生活には役に立たなそう」「退屈そう」「古臭そう」「何が得られるのかわからない」・・・。こうした、よくある「哲学」のもつイメージ、あなたも少なからず抱いたことがあるかもしれません。それでも、「『哲学』って最近よく耳にするし・・流行ってるのならかじっておきたい」「知ってたらカッコつけられそうだし」「新しい気づきが得られるなら」「成長したい!成功したい!自分を変えたい!そのために使えるなら!」「なんとなく知りたい」「どんなものか覗いてみたい」・・・そんな様々な思いから、哲学を学べるコンテンツを求めて、人によっては「密林」を探検してわかりやすい本を探し、人によっては「あなたのブラウン管」を漁りとっつきやすい動画をチェックし、紆余曲折を経て、今、この場所に辿り着いたことと思います。

  

しかしながら、結論から言って「哲学」というのは、学べば学ぶほど、「最初に抱いていたイメージは正しかった」と実感していくもの・・・つまり、何も知らない中で、漠然と思い描いていたそのイメージを、全くと言っていいほど裏切らないものです。伝える側がどんなに噛み砕こうが、言葉を尽くそうが、見せ方を工夫しようが、そんなものはなんの効果ももたらしません。

眼前には、相変わらず、「難しそう」で、「実生活には役に立たなそう」で、「退屈そう」で、「古臭そう」な、「何が得られるのかわからない」哲学の世界が広がっています。

  

よって、これから可惜夜のアートワークを見て、あなたの中で何も変わった感じがしなくても、それはあなたのせいではなく、哲学がそういうものだからです。

これは「安心してください」という話ではなく。逆に言えば、哲学がそういうものである以上、あなたには、「難しそう」で「実生活には役に立たなそう」で、「退屈そう」で、「古臭そう」で、「何が得られるのかわからない」ものと、向き合う覚悟が求められるということです。

  

つまり、多くの「学び」や「勉強」から得られると思われがちの数々の感情・・・理解、納得、報われる、努力が実る、見返りがある、腹落ちする、達成感、充足感、満足感といったものとは無縁の、空(くう)を掴むような思考作業を終わりなく続ける。果てのない道を孤独にただ突き進む。その覚悟です。

だからこそ、「哲学」を学び続けられる人は、それだけで、他の人とは、一味も二味も違う人間になっていくのです。一癖も二癖もある・・と言ってもいいかもしれませんが。いずれにせよそれは、他では得難い、唯一無二の魅力となります。

  

◆とはいえ、門戸は開かれている

誰であろうと、哲学を学ぶ第一歩を踏み出すことは可能です。そして、その中から、また一人、また一人と、より深く、延々と続く哲学の道・・いや、哲学の「沼」に堕ちていく人が出てくる。可惜夜のアートワークは、いわば、その一歩目から沼までの導線といえるでしょう。

ここ、アートギャラリーATARAYOでは、可惜夜のアートワークの中でも、ライトで、哲学初心者の方でも世界観に入り込みやすい内容の動画をご覧いただけます。

  

◆「思ったよりも」の繰り返し

前置きが随分と長くなりました。最後にこれだけお伝えして、あとは存分にアートワークをご堪能ください。

これからご覧いただく動画から、あなたは恐らく「哲学って思っていたよりも○○だね」という印象を持たれることでしょう。大事なのは、○○に入る言葉ではなく、その前の「思っていたよりも」の部分です。
  
この「思っていたよりも」は、良くも悪くも、知る前に思っていた何かが揺らいだことを示しています。信じてきたものが崩され、別の何かが現れたような。

しかし、ここまでの文章をきちんと読解できた方であれば、これが、一瞬のまやかしであり、一時的な気の迷いであり、己の理想からくる蜃気楼のようなものであることは、お気づきかと思います。でも、それでいいのです。そうだと知りながら、「思っていたよりも」を繰り返していく。何か特別なものを得られたような刹那を、手をすり抜けていく透明な輝きを、成す術もなく見送り続ける。やがて、この虚しさを受け入れられたとき、あなたは「あの時、人生に哲学を取り入れようと踏み出した一歩は無駄ではなかった」を自らに示す証拠を掴むことになる・・・かもしれません。

   

それでは、どうぞ、明けるのが惜しい夜を。

  

  

文章や音声による10個のプレワークを通じて、可惜夜の世界観をご体感ください。

各バナーをクリックすると別ページが開きます。

  

まずはプレワークを10本ご覧いただき、ありがとうございます。

これからご覧いただく可惜夜のファーストワーク「レヴィーバルカンのシュールな宇宙船」は、ご覧いただいた10本のプレワークとは、まったく毛色の違う作品になっています。

どちらかというと、哲学を自然体で体現するひとつの生き方を言葉の旋律に乗せたプレワークとは異なり、ファーストワークは、テーマを現代哲学の中でも「構造主義」に絞り、さらに章ごとに取り上げる哲学者の考え方を選んで、それぞれを、思考や生き様に取り入れやすくなるようにわかりやすくアートにしたものです。つまり、純粋に「哲学ってどういうものなの?」「構造主義ってなに?」という方が、最初に触れる作品として、最適なものになっていると言えます。

このアートギャラリーATARAYOでは、第一章〜第十章のダイジェスト特別映像をご覧いただけます。

少しだけ解説しますと、「レヴィーバルカンのシュールな宇宙船」は各章、物語編と解説編に分かれています。物語編については、子供でも理解できる平易な言葉で、なんてことない物語が描かれています。特に深読みせずに楽しんでいただければと思います。その状態で解説編を見ると、あら不思議。いきなり解説編から見るよりも、ずっと哲学の理解度が深まります。哲学への愛着や好奇心も勝手に湧いてくることでしょう。ダイジェスト特別映像では、第一章から第十章までの内容をご覧いただけます。各章、さわりの部分にはなりますが、物語編と解説編に分かれておりますので、ぜひそれぞれ、世界観を垣間見ていただけましたら幸いです。

また、このアートギャラリーでは、「レヴィーバルカンのシュールな宇宙船」の導入部であるプロローグについてもご覧いただけます。こちらはフルサイズでご用意いたしました。プロローグでは、この作品を、どのように楽しめばいいのかについて語られています。ただ、普通の解説では面白くないので、プロローグ自体が、メッセージや世界観を持った作りになっています。前後編に分かれています。お楽しみください。

ダイジェスト特別映像とプロローグをご覧いただいた後、想像していたよりも、哲学というものが、自分の身近に、日常に、いつの間にか入り込んでいることに、ちょっとだけ気づいていただけたら嬉しいです。やがてはそれが、あなたが生きるための密かな支えになるかもしれません。それでは、最後までお付き合いください。

「レヴィーバルカンのシュールな宇宙船」

絵本のような物語と哲学の融合。現代哲学の中でも、実存主義を乗り越えた先に見出された「構造主義」について、主に4人の哲学者を取り上げて解説しています。その4人とは一体誰なのか。

本アートギャラリーでは、第一章〜第十章のダイジェスト特別映像(物語編と解説編)と、プロローグ(前後編)を公開しています。プロローグに関しては、フルサイズでご視聴いただけます。

※第一章以降の本編はギャラリー内ではご覧いただけません。本ページの下部に各章のタイトルと解説編で取り上げている哲学の内容を掲載していますので、ラインナップをご確認ください。第一章以降の動画を全てご覧になりたい方は、本ページの最後(一番下)にあるバナーから詳細をご確認ください。

※【ご確認ください】iPhoneをお使いの方へ:動画をご覧いただくにあたり
以下の動画はGoogleドライブ経由で掲載している動画ですが、iPhoneでSafariをお使いの場合、表示されない場合がございます。お手数ですが使用するインターネットブラウザをGoogle Chromeに変更する、または、パソコンから見るという対応をお願いいたします。

ダイジェスト特別映像・物語編

ダイジェスト特別映像・解説編

プロローグ前編


プロローグ後編

   

「レヴィーバルカンのシュールな宇宙船」は全15章(物語編・解説編:計30本)で構成されています。

▼第一章〜第十五章のラインナップはこちら▼

第一章

幼い妹は見えている世界が違う?人間が世界をどう捉えているのか、哲学を学んでいく上でベースとなる大事なことについて説明しています。

  

第二章

「右」と「左」という当たり前に疑問をもつ物語を通じて、言葉でできたこの世界の恣意性について紐解いていきます。

  

第三章

「トンネルを作る」がこんなに難しいことだったなんて。部分と全体について知ることで、世界の見え方が変わります。

  

第四章

価値を決めているものはなに?実存主義から構造主義へとシフトしていく流れにも注目です。

  

第五章

「自分次第で未来が変わる」という幻想を打ち砕く、構造主義の考え方についてじっくりと見ていきましょう。

  

第六章

人生が自分の思い通りにならずに悩んでいる人にとっては、カタルシスにもなり、耳にも痛い、そんな話。

  

第七章

魅力を感じるのは作品の向こう側に作者を見出しているから?作者と作品の関係に切り込む記号論の考え方について。

  

第八章

ポテトならなんでも同じ・・じゃない!のはどうしてだろう。その理由、デノテとコノテを知れば見えてくる。

  

第九章

エクリチュールって結局なに?哲学を学んだことのある人でも難しく感じる内容も、物語と一緒に飲み込めば、ほら。

  

第十章

歴史に関する物語と記号消費社会。一見、関連のなさそうなもの同士が、哲学の考え方で繋がる面白さを。

  

第十一章

「根本の見方からして、僕たちは食い違っている気がしていた。」

  

第十二章

原因と結果の法則を信じている人は多い。けど、それって本当?原因はそれだけ?物事はそんな単純には決まらない。

  

第十三章

言語を持っていなかったあの頃、僕たちはもっと、素晴らしい世界に生きていたかもしれない。

  

第十四章

「もう一度、あの夢を自分のものにしたいなら・・・」その答えは、意外なようで・・当たり前のことだった。

  

第十五章

たった一つの残酷な真実が、この世界で人とともに生きる苦しみを、ほんの少しだけ軽くしてくれるかもしれない。

  

  

第一章~第十五章の動画をご覧になりたい方へ

第一章~第十五章の動画は、2つの方法でお求めいただけます。

※詳細・お申込ページでは、
「フィロソフィカルアートを通じて哲学に触れることで何が起こるのか」
についても書いています。ぜひご一読ください。